経営理念

「全従業員の幸せのために
物心両面の豊かさを追求し
社会の進歩発展に貢献する」

philosophy

株式会社ぶどうの木の経営理念は、
5名のスタッフが一生懸命に
「この会社は、何のためにあるのか」を考え抜き、
「これぞ創業の精神だ」と思い決定した、
経営の目的ともいえるものです。

ぶどうの木に集い働く全てのひとたちが
幸せであるために、心豊かであるとともに、
物質面でも豊かになれるよう、
今に満足することなくさらに豊かさを深く、
高く、広く追求していきましょう。

私たちが日々自分の仕事に
一生懸命に取り組んだとき、それが必ず叶う。
そんな経営をめざしていきましょう。
私たちが懸命に仕事に取り組んだそのことが、
必ずまわりのひとたちの幸せにも
役立っているはずです。
また私たちを育んでくれる社会への
貢献になっているはずです。
そう信じて取り組んでいきましょう。

このような気持ちが、
この経営理念には込められています。

経営信条

  • 学(まなぶ)

    一、われわれは謙虚に学び、日々心を高めていこう。

  • 技(わざ)

    一、われわれは誇りにかけて、高い品質の商品とサービスを提供していこう。

  • 創(つくる)

    一、われわれはお客様に喜んでいただけることを目指し、食文化を創造していこう。

  • 夢(ゆめ)

    一、われわれは大いなる夢を叶えるために、今日一日を懸命に生きよう。

  • 愛(あい)

    一、われわれは家族のように手を取り合い、利他の心を忘れず、助け合って生きていこう。

pagetop